多汗症の原因とは?

多汗症とは、特に大きな理由もないのに突然に大量の汗をかいてしまうという症状のことを言います。通常人は気温が暑かったり、走るなど運動やスポーツをしたり、または緊張など心理的な動揺があったりしたときには多くの汗をかきます。多汗症の人は、そのような特別な場合でなくても汗が出てしまったり、または他の人に比べて著しく汗の量が多かったりします。
多汗症になってしまう原因はどのようなことが考えられるでしょうか。多汗症の原因は大きく分けるとふたつに分類できます。一つ目の原因としては、多汗症そのものは症状の表れに過ぎず、実際には体内に深刻な病気が隠されているという場合です。人間が汗をかくというのは、体内の自律神経によって体温調節が行われるためです。この自律神経や代謝機能に何らかの異変が起こってしまっていると、必要以上の汗を吹き出させてしまいます。つまり、一見多汗症のように見える自律神経失調症の場合です。
ニつ目の原因は、内服をしている薬の副作用によるものです。これは本人の意思とは関係なく、薬によって多汗症の症状が現れるものなので、薬の服用をやめれば多汗症の症状もなくなります。
何れにしても、汗をかくという体の状態に明らかに異変が感じられるときには、一度専門の医師の診断を受けることをおすすめします。体調の変化や違和感があるときに、大量に汗の出る多汗症の症状があるときは、重大な病気が裏に隠されていることもあります。

サイトメニュー


多汗症の原因とは?
毛穴対策と基本ケア
顔のしわと体のしわ
スキンケアでかさつき防止
ポラリス効果とは何か